信頼性の高い解体工事業者【プロセレクションセンター】

ヘルメットと作業員

住宅の塗装における動向

塗装する

住宅の塗装における注意点

千葉には戸建てが多いことから、外壁塗装の業者が多くあります。住宅性能を高める役割を持つことから注目を集めています。通常の内断熱に対して、外壁塗装が持つ断熱性が外断熱の役割を持つことから建物を丸ごと守ることになるからです。特に千葉の内陸部となると寒暖の差も大きいことから、躯体は結露を発生しやすくなります。その結果、劣化も早まることになるわけです。それに対して外壁塗装により断熱処理を施すことで、結露も発生しにくくなります。その結果、建物も長持ちするようになります。そのような塗料を使用することで、住宅は耐久性を高めるわけですが、ともすれば塗装費用は抑えられがちとなります。できる限り塗料に関しては品質の高いものが必要となります。

今後の住宅の塗装の動向

外壁塗装は日々進化を続けています。特に千葉のような内陸部や湾岸といった気候や風土の異なる地域では、様々なタイプの塗料が必要とされます。その中でも特に必要とされるのが、太陽光の紫外線の影響を受けにくい塗料です。外壁塗装に用いられる塗料は紫外線を受けることで、劣化が進むことになります。やがてヒビ割れを起こして雨水が染み込むようになります。千葉は日差しも強い上に海風も吹き込むために常に住宅はダメージを受けることになります。そのために、耐久性の高い塗料が必要とされています。紫外線防止効果を持つものもすでに開発されつつあります。住宅をいかに長持ちさせるかは、外壁塗装の性能の向上にかかっていることになります。